代表挨拶

一人ひとりの心に点火する「人づくり」企業となり、
私たちが派遣業界を変えていきます。

当社は2006年に創業し、建設エンジニア・プラントエンジニアのアウトソーシング事業を展開して参りました。

私たちコプログループは2006年に創業し、建設エンジニア・プラントエンジニアのアウトソーシング事業をメインビジネスとし、成長してきました。経営の多角化とより一層のサービス向上のため2015年にホールディングス体制に移行し、以降「人づくり」に注力したサービスを展開しております。 皆様のおかげをもちまして株式会社コプロ・ホールディングスは、2019年3月に東京証券取引所マザーズ市場および名古屋証券取引所セントレックス市場に上場を果たし、2020年9月に東京証券取引所市場第一部および名古屋証券取引所市場第一部へ市場変更を行い、2022年4月の市場再編においては東京証券取引所市場プライムおよび名古屋証券取引所市場プレミアに移行致しました。上場会社としての責任を自覚し、企業価値の向上に努めてまいります。 コプログループは、2030年に業績目標売上高1,000億円、営業利益100億円達成を目標としております。建設技術者派遣市場のシェア拡大、プラント技術者派遣の拡大、機械設計派遣者の推進、SES技術者派遣市場の拡大、グローバル事業の推進といった各グループ会社によるさらなる向上を行ってまいります。さらに、M&A戦略による新規事業の推進をし、エンジニアの様々な働き方を応援する「エンジニア応援プラットフォーム企業」へと進んでまいります。 私たちは人材派遣ビジネスを「人づくり」と捉えています。当社グループも時代の変化と向き合い、人対人のコミュニケーションに加えAIなどのテクノロジーを導入して生産性を高め、真価を発揮すべく取り組んで参りますが、どれだけ技術が発展しても、相手を思いやる仕事は人にしかできないことだと私は思っております。 当社グループは人が持つ無限の可能性を信じ、「一人ひとりの心に点火する『人づくり』企業になる」ことをビジョンに掲げています。一人ひとりに情熱の炎を灯し、行動を喚起し、そして常に鼓舞し、人が動かす「ヒューマンドライブ」な社会をつくるため、社員のヒューマンスキルとビジネススキル双方の開発に引き続き注力してまいります。 「教育」「マッチング」を徹底し、社員がイキイキ・ワクワク働ける環境を構築することが「社員の定着」に繋がり、それこそがお客様に対して最高のサービスを提供することに繋がると信じ、今後もたゆまぬ努力を続けてまいります。

建設業界は今、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に伴うインフラ整備の需要拡大、2025年の大阪国際万博、2027年リニア開通、災害復興など、活況に沸いており、人材の需要は高まっています。
私たちはお客様から真のパートナーとして選ばれ続ける企業を目指し、理念に掲げる「志をもって事を成す」の通り、社員一人ひとりがプライドをかけて全力で「志事」に取り組み、今後も邁進していく所存でございます。

株式会社コプロ・エンジニアード

代表取締役社長清川 甲介